イエスの友会とは  

WHAT IS FRIENDS OF JESUS?      

 

●はじめに

イエスの友会は、1921 (大正10)105日奈良の菊水楼で、賀川豊彦(1888~1960)の他13名の牧師たちによって結成された。

当時の日本は、いまだ希望のない暗い社会状況であった。イエスの友同志達はこのような社会にも灯をかかげて、キリストの僕として下座

奉仕をしょうとの決意で奉仕を実践した。それは、聖フランシスの愛と奉仕の実践に共通するものであった。イエスの友の実践網領として、

次の5つを掲げた。

 

1.イエスにありて敬虔なること。

2.貧しき者の友となりて労働を愛すること。

 3.世界平和のために努力すること。

4.純潔なる生活を喜ぶこと。

5.社会奉仕を旨とすること。

 

 

これらの五綱領を旗印として同志たちは一生懸命に伝道し、農村・漁村・都会と言わず出掛けて行きました。その働きは

広範囲にわたっており、児童、婦人層を初め、保育、結核患者の看護、救らい、農業者・労働者・協同組合運動へと発展

して、世界平和の為にも貢献しました。イエスの友会はキリスト教の超教派の団体であり教職と信徒が互いに立場を尊重

し合いながら、地域と国をこえて前進する同志的交りの団体である。今も、この精神は受け継がれており教会での活動や

祈りの運動、聖書の贈呈(ギデオン協会)、社会福祉への奉仕、共同伝道、福音学校等を通して後継者を養成する教育訓練

を展開している。イエスの友会は、教会と社会とを繋ぐ橋の役割を担う積極的な運動体ですが、毎年夏には、聖修会を開き、

集まった会員が互いに励まし合い、日頃は全国各地にある支部を通して運動を進めており、機関紙「火の柱」を発行してい

る。さらに、国外の宣教に視野を広めてアジア諸国や南北米の教会を通して、諸国の人々の協力を得て救済活動を行なって

います。この趣旨に賛同する方々と共に、手を組んで前進して行きたいと願っている。

―― イエスの言葉 ――

「私のいましめはこれである。私があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。

人がその友の為に自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。あなた方に私が命じることを

行うならば、あなた方は、私の友である。」 ヨハネによる福音書15章12〜14節

 

1922年東山荘にて第一回聖修会の写真

 

 

総説 < 組織 >

                 大   会(年1回)                            

中央委員会(年2回、2月、78月)         

常任中央委員会(年2回、6月、10月)

東支部連合

中部支部連合

西支部連合

 

 

 

 

 

 

東京支部       浜松支部       大阪支部

千葉支部       三河支部        神戸支部

埼玉支部       名古屋支部      香川支部

神奈川支部

・ロサンゼルス支部(米国 カリフォルニア週 ロサンゼルス)

・ピラールドスール支部(ブラジル サンパウロ州)

・アリアンサ支部(ブラジル サンパウロ州)

 


 

  会員人事の構成

1.中央委員会年(執行責任役員会)2 (278月)

2.  常任中央委員会(年2回、6月、10月開催、うち1回は活動計画等を決議決定し、他の1回はその他の重要案件を

協議決定する。

会の構成

・本部六役 (会長、副会長、書記、会計、火の柱編集長、事務局長/実務執行役員等 6名)

・各専門委員を置く(任意)

・顧問(若干名)

・東、西、中部連合(現代表他1名)

各地方支部は定例会その他伝道集会等を開催する。

      本部事務局は、静岡県浜松市に設けて、全国の支部と連携して、本会を統括する。

 

      

イエスの友会連絡先                              

 

 

「本会組織」

顧問         古屋安雄     深田未来生  

                鈴木武仁

     二村摂三

書記      東海林昭雄

会計       長谷川勝義

事務局長          小川忠夫

本部事務局  433-8124静岡県浜松市中区泉3−15−21(20099月末移転)

Tel Fax 053473-3031 本部Email:  CBL16337@nifty.com

Home pageURL http://homepage3.nifty.com/iesunotomokai/

 

●東支部連合代表  東海林昭雄

[東京支部】                     東海林昭雄

338-0013 埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-18-7          

Tel.048-852-2735 Email saidaidori_church@yahoo.co.jp

【千葉支部】                    渡辺賢次

275-0016 千葉県習志野市津田沼7−14−11    

【諏訪支部】                    林 文彦

392-0016 長野県諏訪市豊田小川1611 Tel.0266523187

ロサンゼルス支部】                                      岩田春子

14705 Wyandotte St. Van Nuys,CA 91405  Tel/Fax 818-782-8738

【ブラジル・サンパウロ州アリアンサ支部】             下桑谷浩  

    C.P.543 Primeira Aliança 16830000, São Paulo, Brasil  Tel/Fax. 55(018)3708-1265                

【ブラジル・サンパウロ州ピラール・ド・スル支部】   寺尾 貞亮

   Rua  Amador Bueno Perreira 249 Pilardo Sul, São Paulo, Brasil CEP 18180-000

  Tel55153278-1047 Fax:(55153-278-1794 寺尾養蜂会社   MailAddress: tterao@hotmail.com

 

  中部支部連合代表                      二村摂三

【浜松支部】                                                 小川忠夫

433-8124 静岡県浜松市泉3−15−21 Tel/Fax.053473-3031  E-Mail: CBL16337@nifty.com                  

【三河支部】                                                  二村摂三

4443335 愛知県岡崎市茅原沢町字茅野111-1

シニアビレッジ リリーフセコンド  Cel.080-5162-7156

【名古屋支部】                                                今井謙吾

458-0047名古屋市緑区古鳴海嫁ケ茶屋住宅A2-104   Tel 052-891-6731

  西支部連合代表                         長谷川進一郎

663-8103 兵庫県西宮市熊野町7−27−606 Tel.0798-64-7178

【大阪支部】                                                石田正弘

573-1113大阪府枚方市楠葉花園113−2010 Tel.0728500957

【神戸支部】                                                    長谷川進一郎

658-0083兵庫県西宮市熊野町7-27-606  TelFax0798-64-7178

【徳島支部】                                                   黒田 絢

779-3233徳島県名西郡石井町石井字石井378-10 Tel.0886742530

【香川支部】                                                   川口義道

〒761−8078香川県高松市仏生山町講745−2Tel.0878-89-1798

 

 

イエスの友会の歴史

History of  The Friends of Jesus

◎はじめに

イエスの友会は、1921(大正10)10月5日奈良の菊水楼で、賀川豊彦(18881960)の他13名の牧師たち

によって結成された。当時の日本は、いまだ希望のない暗い社会状況であった。イエスの友同志達はこのような

社会にも灯をかかげて、キリストの僕として下座奉仕をしょうとの決意で奉仕を実践した。それは、聖フランシス

の愛と奉仕の実践に共通するものであった。イエスの友の実践網領として、次の5つを掲げた。

  1.イエスにありて敬虔なること。

2. 貧しき者の友となりて労働を愛すること。

    3. 世界平和のために努力すること。

 4. 純潔なる生活を喜ぶこと。

 5. 社会奉仕を旨とすること。

 これらの五綱領を旗印として同志たちは一生懸命に伝道し、農村・漁村・都会と言わず出掛けて行きました。

その働きは広範囲にわたっており、児童、婦人層を初め、保育、結核患者の看護、救らい、農業者・労働者・協

同組合運動へと発展して、世界平和の為にも貢献しました。イエスの友会はキリスト教の超教派の団体であり教

職と信徒が互いに立場を尊重し合いながら、地域と国をこえて前進する同志的交りの団体である。今も、この精

神は受け継がれており教会での活動や祈りの運動、聖書の贈呈(ギデオン協会)、社会福祉への奉仕、共同伝道、福

音学校等を通して後継者を養成する教育訓練を展開している。イエスの友会は、教会と社会とを繋ぐ橋の役割を担

う積極的な運動体であるが、毎年夏には、聖修会を開き、集まった会員が互いに励まし合い、日頃は全国各地にあ

る支部を通して運動を進めており、機関紙『火の柱誌』を発行している。さらに、国外の宣教に視野を広めてアジ

ア諸国や南北米の教会を通して、諸国の人々の協力を得て救済活動を行なっている。この趣旨に賛同する方々と共に、

手を組んで前進して行きたいと願っている。

イエスの言葉 -

「私のいましめはこれである。私があなたがたを愛したようにあなたがたも互いに愛し合いなさい。人がその友の

為に自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。 あなた方に私が命じることを行うならば、あなた方は私

の友である。」  ヨハネ福音書15章12〜14節

 イエスの友会の歴史 -

−わたしの命じることを行うならばわたしの友である。

イエスの友会は大正10年(1921年)10月5日、奈良、菊水楼において日本基督教会の牧師、賀川豊彦を

初め14名の同志によって結成された。フランシスコ第三会にならつて、教会および地域における奉仕と伝道に

努めるために、「敬虔、労働、平和、純潔、奉仕」の5つの綱領を遵奉することを定めたのである。

 一大社会勢力の誕生

イエスの友会の発足した当初は、第一次世界大戦終結後の世界的な経済の大恐慌等によって暗雲のたれこめた日本

と全世界に光を与えようと、新しい宗教運動を起こす必要が痛感されていた。そこで賀川豊彦の見解によると、当時

の教会が各教会でみなばらばらになっていて社会的な勢力にならないので、これを打って一丸として、一大的社会

勢力にしたいという抱負があった。その後、関東大賞災直前の大正↓2年8月25日から5日間、御殿場東山荘に

おいて、第一回の修養会を持ちイエスの友が集まり、互いに親しみを深め、共に折り、共に修養し、学ぶことによ

り、信仰を堅くしたのである、イエスの友会が実際に全国的に結束し始めたのは、この時が初めてであったと思わ

れる。これはイエスの友会の歴史から見て特筆される重要な会合であったというべきであろう。東京支部において

は、8月の修養会と大震災とによって刺激されて、9月10日前後に会員の有志が期せずして東京キリスト教青年会 

YMCA)に始まって、開会の救護事業に加わって献身的に折りと共に全員が働いた。毎日曜の早天祈祷会には20

〜30人の同志が集まり、賀川豊彦による「聖書社会学」などを学び、或いは焼け跡の露天で、雨天の際は、焼け残

った体育館等で朝6時から折った。その頃、東京基督教青年会の慰問部に加わって、各教会から来る会員と共同して

働いたが、いつもイエスの友会がその中心にあった。救護事業が一段落となっても、その精陣が路傍伝道に発展し、

早天祈祷会も益々盛んとなり、キリスト教による日本教化のために70〜80人の兄弟姉妹が、毎日曜 この青年会に

集って折るようになった。

― 五綱領を基礎にして −

このようにして、賀川豊彦と同志たちは五綱領を基として熱心に伝道し、救貧、農村更生、婦人、児童、教育、

協同組合、運動、救らい、純潔、世界平和運動等に積極的に参加し努力した。現在も教職、信徒の別なく、キリス

ト教会の強化と日本の救い、世界の平和のために折り、夏期聖修会、大会その他の会合を持ち機関紙『火の柱』を

年5回発行し、会員の交流につとめている。1985年(昭和60年)より、全国伝道を企画し、1986年7月に

は米国よりローレンス・ラクーア博士夫妻を迎えて、賀川豊彦生誕百年記念伝道を実施した(19回 会衆延

3000人) 1988年には、賀川豊彦生誕100年記念実斤委員たちの諸行事に協力し,また『賀川豊彦写真

集』の発行及び頒布に協力した。イエスの友会は、ヨハネ福音書第15章にあるように「わたしの命じることを行

うならば、わたしの友である」との御言葉を肝に銘じて、私達のうちにイエスが宿り、神が宿られると言う。聖霊の

内往する信仰によって一致し、一つとなって進むのが真のイエスの友であると思われる。

 歴史を受け継ぐもの 

 今日のイエスの友会は、同志達が賀川精神を継承し、一人一人が小さな賀川となって、イエスの友の現代的使命

について、聖修会に集い、熱心に討議し、祈りつつ、いかにしてその時代的使命に応えることが出来るかとの、天来

の知恵と能力の与えられるよう切実に祈り求める必要がある。イエスの昇天後に主の弟子達に、キリストの聖霊が

くだり、使徒言行録にあるような大いなる神の業がなされたが、我々も真剣に折って、御言を受けて、一人一人が

イエスの友会の歴史を受け継ぐものとならねばならない。

― 聖修会(大会)

大正12年8月25目に、第1回聖修会が開催されて以来、戦時中には開かれなかった、昭和18年〜20年

(1943〜1945年)の3回を除くと、結成以来、91年間に86回の聖修会を重ねて現在に至っている。

キリスト教生活兄弟団 

その後の状況を顧みると、関東と関西で、同一年に2回開催する。一時期においては、関西冬期福音学校として、

正月2日及至3日間を加え年間2回の修養会をもった時期があった。聖修会は全国にある同志達が1年に1回及

至2回集まって、共に神に祈り、聖書を学ぶと共に、先輩や講師の発言に耳を傾け、新しい知識を身につけ、真に

イエスに近づき、その時代における社会に生きる生き方を示され、聖霊による感動をもって、それぞれの持ち場

へ帰って行く信仰具備としての愛の共同体を作りたいと、賀州豊彦はつれづれ考えていた。さらに「東京復活共

済組合]や[建築ギルド事業」等の展開により、賀川はフランシスコ第三会は一般信者のための在俗会に倣い、

労働と析持による修道院生活を理想とした。賀川のキリスト教兄弟団の発想に基づいてなされようとしたことが

窺える。

 

httm://homepage3.nifty.com/iesunotomokai/